忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

詳しい情報はこちらから→ranking

▲TOP

就職博の活用法

就職博は日本一の開催規模で、参加企業もかなりのものです。

就職博は予約をせずとも行けますし、服装にも特に制限があるわけではありません。

ただし、これから会いに行く人たちは面接や採用試験で会う可能性のある人たちなのですから、スーツ着用がいいかもしれません。

就職博の会場では、エントリーカードという書類が必要になります。

エントリーカードは就職博会場の受付や各企業を訪問する際に提出する、身分証明書のようなものです。

名前や住所の他、学校名やメールアドレスもここに書き込みます。

会場に行ってから作ってもいいですが、事前に学情ナビのデータから印刷して持っていくと段取りよく進められます。

就職博では企業の生の声を聞くことができます。

求人募集に関しては、会社の方針、どのような人を求めているのかを知る必要があります。

就職博では、参加する前に質問内容をメモして、当日に使うようにします。

企業ブースだけでなく、就職博では就職活動支援のコーナーがあり、就職活動についての相談事などをすることができます。

採用試験や面接とは別に、その会社に勤めている人の話を聞ける機会はそうそうありませんから、企業ブースでの話も貴重です。

就職博はこのような就職に関する情報をわずか1日で得ることができる重要な機会として知られています。

就職博では数多くの企業が参加していますので、知らなかった業種や興味のなかった企業と接して自分の本当に合う仕事を見つけ出すこともできます。

希望通りの会社から内定をもらうため、まずは就職博に行ってみてください。
PR

詳しい情報はこちらから→ranking

Comment (0) | Trackback (0) | ▲TOP

就職博のメリット

どんな目的があって就職博に行くのでしょうか。

ネットで情報収集をすれば、求人情報は色々と手に入ります。

ネット環境が整っている近年でも就職博の参加者が大勢いることには、相応の背景があります。

事前予約をしてなくても、就職博ではその場で気になった企業の話が聞けます。

入退場は自由であり、入場料金もいらないのが就職博の特徴です。

就職博では、面接前に求人企業の人と言葉を交わすことができ、感触を確かめることができます。

職務経歴書や履歴書を提出する時は、ただ漫然と書くのでなく、提出先の企業が求めている人物像や会社で期待している役割などを把握した上で必要書類を書きたいものです。

相手の企業の採用担当者と会うことで、ネットなどで文字化したデータだけでは補いきれない生の情報を得ることかできます。

新卒で入社して定年まで一つの会社にいるという終身雇用の働き方は少なく、リストラや企業倒産が他人事ではなくなりました。

思った通りの会社で働けるかどうかが、非常に大事な命題になってきます。

ネット情報だけでは拾えない生の声を、就職博に参加することによって拾い上げいくことができるでしょう。

合同企業セミナーである就職博は、企業側からも就職活動中の学生から優秀な人材を見つけたいと思っています。

目指す企業があるという方でなくても、どんな会社に行きたいかはっきり決まっていない人も就職博に行くことで魅力ある企業に巡り会えるかもしれません。

就活情報なら→ranking

詳しい情報はこちらから→ranking

Comment (0) | Trackback (0) | ▲TOP

就職博とは

就職博は、株式会社学情が毎年開催している合同就職説明会のことです。

学情の就職博は毎年の参加求職者は20万人以上、参加求人企業は2500社といわれています。

新卒者を採用したいと思っている企業の話が聞けるチャンスや、情報サイトの検索だけでは調べきれない求人情報が魅力です。

40万人が利用しているという大手の就職活動サイトである学情ナビも、この就職博の開催企業である学情が運営しています。就活情報なら→ranking

第2新卒と呼ばれる人のための就職サイトのRe就活、学情就職ガイドなども運営している人材業界の老舗です。

今でこそ合同説明会は全国各地で行われていますが、始まりはこの就職博だと言われています。

転職希望社や就職を希望する新卒者を対象にして、学情が無料で運営を行っている就職活動の応援サイトも様々な面で参考になります。

学情ナビでは就職地や職種からも探せるほか、業種から就職先を探したり、セミナーから探したりすることができます。

学情の就職博は毎年、開催されています。多くの企業及び学生が参加している合同企業説明会です。

就職博の参加企業数は日本随一と言われており、ベンチャー企業、上場企業、大手企業など実に多種多様な求人中の企業と会う機会があります。

企業はそれぞれブースごとに分かれています。合同企業説明会やセミナーと異なり、リラックスして企業側の説明を聞くことができます。

ネットからの求人情報や企業パンフレットだけでは見えない部分でも、就職博に参加することで見えるところもあるといいます。
さらに詳しい情報はこちらから→ranking

詳しい情報はこちらから→ranking

Comment (0) | Trackback (0) | ▲TOP

« 2018年08月 »
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カスタム検索
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
フィードメーター - 賢い就職・転職の情報ブログ

あわせて読みたいブログパーツ SEOパーツ
  • 無料SEO対策