忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

詳しい情報はこちらから→ranking

▲TOP

合否を分ける就職のお礼状の伝え方

お礼状を就職のときに出すことについてです。

企業側に丁寧に対応しているはずなのに、相手にマイナスの印象を与える場合が就職活動の選考においてあるようです。

お礼状を面接後に書いたときがそれにあたります。

面接に合格するワンポイントのテクニックとして、現在お礼状はメジャーなものになりました。

ノウハウ本で就職することができるようにすすめるものなどでは、お礼状の送付について書いてあります。

担当者としては、面接後の予期しないお礼状はうれしいもので、多くが好印象を与えているといえます。

就職活動中にお礼状を送ることは、企業側にとって良くないことではありません。

けれど条件はお礼としての気持ちが伝わることでしょう。

就職活動のノウハウ本やマニュアル本などに書かれているような形式的なお礼状になってしまうと、相手側に与える印象は受かりたいという下心だけで、魅力的どころか逆の印象を与えることも否めません。

お礼状でマイナスになったケースでは、お礼状の中に不純なものを感じた、というものがあります。

届いたお礼状があまりにもマニュアル通りですと、面接の担当者に形式的だなと思われることがあります。

あの時の言葉はうれしかったですなどの率直な表現でいいので、形式的と思われないためには、一言でいいのでお礼状に自分の面接を受けたときの感情を入れてみることが大切です。

就職のお礼状を初めて送るときはとても緊張すると思いますが、もらった側として、失礼がないかと気にしながら書いたものでは心に響きません。

就職のお礼状にとって重要なのは、担当者の顔を思い浮かべながら、一言書き添えること、相手に対する感謝の気持ちを率直に伝えることなのではないでしょうか。
PR

詳しい情報はこちらから→ranking

Comment (0) | Trackback (0) | ▲TOP

就職のお礼状の書き方と注意点

お礼状を就職活動中に出す場合には、基本的に手書きで書きましょう。

何らかの書類を、就職活動のときに企業側に提出する場合に必須なのがお礼状です。

相手の企業に良い印象を与えることができます。実際のお礼状の書き方をご紹介します。

宛名書きは○○株式会社、改行して採用担当者○○様です。

差出人は右側に学校名を書いたら、改行して自分の名前を書きましょう。

大きめの文字で題名を中央に「お礼状」と書きます。書式として「拝啓」から始め、「先日は、お忙しい中……」とお礼や感想を述べます。

本題では、面接が終わった後ならば「面接させていただきましてありがとうございました」と書き、面接で聞いた担当者の話がためになった、会社にお世話になることが楽しみである、努力して頑張っていく、などの気持ちを書けばよいでしょう。

文章の長さとしてちょうど良いのは、400文字くらいでしょう。

就職活動のお礼状はあまり形式ばった手紙よりも、自分の率直な気持ちをつづった方が若々しく、印象がよくなるといわれています。

就職活動のお礼状を書くのが初めてという人は、参考までにお礼状の書き方をインターネットなどで検索してみましょう。

就職のお礼状は、いろいろな例がありますので、自分なりに参考にしながらアレンジして書きましょう。

大切なのは説明会へ出席したとき、面接した後、内定をいただいたとき、間を空けないようにしてお礼状を出すことです。

感謝の気持ちは、間が空いてしまいますとあまり伝わらなくなってしまいます。

お礼状は「今後ともよろしくお願いいたします」などと最後に締めくくるのが良いでしょう。

就職のお礼状を出すことにより、先方に好印象を与えます。就職のお礼状によって、入社後もスムーズな社会人生活が送れるのではないでしょうか。

詳しい情報はこちらから→ranking

Comment (1) | Trackback (0) | ▲TOP

就職活動とお礼状と必要項目

会社の説明会や面接を就職活動で受けるときは、お礼状を応募書類とともに送りましょう。

就職説明会や面接を受けた後に社会人になる人間として、感謝の気持ちを込めてお礼状を出すと良いでしょう。

実際にお礼状を出すチャンスは、エントリーシートをもらって就職説明会の後に提出するとき、成績証明書を提出するとき、健康診断書を提出するとき、履歴書を提出する時などになるのではないでしょうか。

企業の側から見れば、知らない人間からいきなり履歴書が送られてきますので、誰が何のために送ってきたのかわかりません。

簡単に自己紹介や希望などを一言添えることで、送られてきた理由がわかってもらえます。

本来お礼状を出すのは、どうしても就職説明会や面接を受けた後にお礼を言いたくなって、書面で感謝の気持ちを述べましたなどというのが目的になります。

お礼状は手書きの方が相手に情熱が伝わりやすくなりますので、パソコンでお礼状を書いたり、 E メールで自分の気持ちを伝えることもできますが手書きがおすすめです。

実際お礼状に書く内容としては、ビジネスレターの形式で、社会人としての常識を見られることも考えて書くと良いでしょう。

文頭は「拝啓」、文末は「敬具」はもちろんのこと、必要な項目としては提出年月日、自分の名前、会社名と担当者名があります。

さらに面接などの感想なども書きましょう。貴社、御中、様、などの敬称にも気をつけて書きましょう。

いちばん就職のお礼状で大切なのは、自分の言葉で、お礼や感想、入社したい気持ちを表すことです。

自分らしい言葉で感謝の気持ちを書くことが、就職のお礼状では大切なことなのです。

詳しい情報はこちらから→ranking

Comment (0) | Trackback (0) | ▲TOP

« 2018年08月 »
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カスタム検索
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
フィードメーター - 賢い就職・転職の情報ブログ

あわせて読みたいブログパーツ SEOパーツ
  • 無料SEO対策