忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

詳しい情報はこちらから→ranking

▲TOP

就職の選考過程・面接と適性検査からの自己アピール

就職試験を受ける時には、適性試験を初めとして複数の選考を受けます。

適性検査の結果、エントリーシートでの自己アピール、グループディスカッション、面接での自己アピールなどがあります。

適性検査の結果は、それ以降の試験との齟齬が起きないようにしましょう。

多くの人が詰めかけるような人気の会社では、最終的には恐ろしいほどの倍率になっています。

面接や自己アピールでは押しが強く多弁で自分の考えをまずはっきりと言うタイプだったのに、適性検査では聞き手向きと評されたとします。

直接話した時の印象と適性検査の内容に大きな齟齬がある場合、適性検査の結果が事実と異なるような答え方をわざとしたと思われることもあります。

面談や対面時の印象と適性検査の結果に大幅な違いがある人は、就職試験に不利になることがあります。

企業側からすると、書類や実際の態度と適性検査の結果が合わないと、その人の人となりがまるでわからないためです。

書類チェックの段階で、就職活動でとても不利な位置に立たされてしまうのです。

適性検査で出た内容と自己アピール、自己分析の内容が食い違っていたら、書類審査の段階で不利になることは明らかなことです。

人気企業の内定を勝ち取る為には、適性検査の結果をチェックし適性検査から面接での自己アピールまでの各過程で一貫性をもったものにしましょう。

適性検査の内容、面接の態度、エントリーシート、それらの整合性を合わせるだけでも内定率を高めることが可能です。

就職支援サイトなどで無料の適性検査も受けることができますので、色々と受けてみると面白いかもしれません。
PR

詳しい情報はこちらから→ranking

Comment (0) | Trackback (0) | ▲TOP

就職時の適性検査に関するアピール法と注意点

回答の仕方次第でほとんどの場合不合格になってしまうような適性検査の項目もありますので就職には気をつけましょう。

適性検査でありえない回答や矛盾する回答を行うと、嘘をついたと思われることがあります。

適性検査の先の段階に進めたとしても、採用される可能性は極めて薄くなります。ありえない答えの例としては、過去に嘘をついた経験があるかという問いに対してノーと答えるといったものがあります。

現実的に考えて、真実しか口にしたことがないという人はいません。

適性検査は企業の選考過程の一番最初、就職活動の一番最初にある事が多いようです。

下手に繕うよりは心のままに答えた方がいい時もあります。

企業側は適性検査を通じて、企業の向かうところと適性が合っており、自分の会社に迎え入れてもうまくやっていけるような人物を求めています。

企業の社風、雰囲気、業界の特徴、職種の特徴をしっかり把握して、就職選考時の適性検査で自分の適性をしっかりアピール出来る様にしておくことも必要です。

適性検査を受けた会社が、総合商社だったとしましょう。

総合商社での適性検査で注目されるポイントは、海外での勤務や新たな事業を立ち上げる際に、意欲と好奇心を持って取り組めるかどうかなどです。

決まった答えがあるわけではないので正直に答えた方がいいのが適性検査の特徴ですが、それでも企業が欲しがっている人材を把握して適性検査に活かすことは就職活動では重要です。

詳しい情報はこちらから→ranking

Comment (0) | Trackback (0) | ▲TOP

就職の適性検査とは

就職活動時に行われる適性検査とは何でしょうか。

適性検査では、仕事や社会、人付き合いに対する適性が検査されます。

ストレス耐性がどれ位あるのか、気分の浮き沈みが激しい方なのか等について検査されます。

その人の能力をトータル的な面から分析して、判断力の有無や対人折衝能力など、何が得意で何か不得意かをチェックするものです。

どの業種の仕事に向いているか、会社に入った時にうまくやっていけるかなどを適性検査によって見極めます。

採用試験の一部に適性検査が含まれている場合、初めの段階で受けるというケースが主です。

適性検査の結果が思わしくないと、その段階で不採用になってしまうこともありますので、事前に適性検査への準備を行っておくことも就職活動では書かせません。

面接担当者は、事前に履歴書やエントリーシートの他に適性検査の内容を踏まえて質疑応答をするようです。

適性検査を受けることができる会社の採用試験を受けて何回か適性検査を経験した上で本命企業に臨んだ方が、一番失敗したくない場において心構えができるでしょう。

自分自身の職業や職種の適性を知ることで、自分のセールスポイントの発見につながり自己アピールもしやすくなります。

倍率の高い会社では、まず適性検査で振り落としにかかることもあります。

適性検査は就職活動をスムーズに行うだけでなく、採用試験の最初の段階としても効率的に機能しています。

詳しい情報はこちらから→ranking

Comment (0) | Trackback (0) | ▲TOP

« 2018年08月 »
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カスタム検索
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
フィードメーター - 賢い就職・転職の情報ブログ

あわせて読みたいブログパーツ SEOパーツ
  • 無料SEO対策