忍者ブログ

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

詳しい情報はこちらから→ranking

▲TOP

中高年の転職のデメリット

転職活動を中高年になってからしようとしても、なかなか希望通りの職にはつきにくいようです。

中高年が転職をうまくやり遂げるために、どのように困難を乗り越えていけばいいでしょう。

中高年の人材を採用した場合、企業は高い給料を支払わなくてはいけない点が挙げられます。

中高年に対しては若い人より高い給料で雇い入れるものだという考え方は、日本人の中に年功序列という考え方が深く根ざしていることに関係しているようです。

中高年を会社が採用する時は、高い給与を払う価値がある人材を欲している時に限られます。

このような背景がありますので、中高年は転職に際して会社にどんな貢献ができるか訴えなければなりません。

今までの会社の経験に基づいた判断に固執しやすい中高年もいるため、会社としては新しい会社に問題なく馴染むことができるかどうかを危惧することがあります。

職場が変わっても前の職場の考え方や手順にこだわるという人もいますが、転職をした際には臨機応変な態度で物事に取り組むことが大事です。

マネージメント力を求めて中高年を採用するという会社は少なくありませんが、企業の意向を正確にくみ取れていない人もいます。

まだ年若い人たちに適切なスキルが身につくように指導し、会社の生産性が増すような人の動かし方をすることがマネージメントですので、それをするスキルがあることを面接などで伝えると効果的です。

中高年の人はプライドが高く転職先の環境に馴染めないのではないかと敬遠されがちです。

中高年が採用面接の場に出る時は、硬直した思考を持たず、転職後新たな環境にもすぐに順応できるだけの柔軟さがあることを訴えていきたいものです。

病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法
PR

詳しい情報はこちらから→ranking

Comment (0) | Trackback (0) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback URL:

« 2018年06月 »
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カスタム検索
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
フィードメーター - 賢い就職・転職の情報ブログ

あわせて読みたいブログパーツ SEOパーツ
  • 無料SEO対策