忍者ブログ

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

詳しい情報はこちらから→ranking

▲TOP

就職の選考過程・面接と適性検査からの自己アピール

就職試験を受ける時には、適性試験を初めとして複数の選考を受けます。

適性検査の結果、エントリーシートでの自己アピール、グループディスカッション、面接での自己アピールなどがあります。

適性検査の結果は、それ以降の試験との齟齬が起きないようにしましょう。

多くの人が詰めかけるような人気の会社では、最終的には恐ろしいほどの倍率になっています。

面接や自己アピールでは押しが強く多弁で自分の考えをまずはっきりと言うタイプだったのに、適性検査では聞き手向きと評されたとします。

直接話した時の印象と適性検査の内容に大きな齟齬がある場合、適性検査の結果が事実と異なるような答え方をわざとしたと思われることもあります。

面談や対面時の印象と適性検査の結果に大幅な違いがある人は、就職試験に不利になることがあります。

企業側からすると、書類や実際の態度と適性検査の結果が合わないと、その人の人となりがまるでわからないためです。

書類チェックの段階で、就職活動でとても不利な位置に立たされてしまうのです。

適性検査で出た内容と自己アピール、自己分析の内容が食い違っていたら、書類審査の段階で不利になることは明らかなことです。

人気企業の内定を勝ち取る為には、適性検査の結果をチェックし適性検査から面接での自己アピールまでの各過程で一貫性をもったものにしましょう。

適性検査の内容、面接の態度、エントリーシート、それらの整合性を合わせるだけでも内定率を高めることが可能です。

就職支援サイトなどで無料の適性検査も受けることができますので、色々と受けてみると面白いかもしれません。
PR

詳しい情報はこちらから→ranking

Comment (0) | Trackback (0) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback URL:

« 2018年12月 »
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カスタム検索
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
フィードメーター - 賢い就職・転職の情報ブログ

あわせて読みたいブログパーツ SEOパーツ
  • 無料SEO対策