忍者ブログ

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

詳しい情報はこちらから→ranking

▲TOP

就職時の適性検査に関するアピール法と注意点

回答の仕方次第でほとんどの場合不合格になってしまうような適性検査の項目もありますので就職には気をつけましょう。

適性検査でありえない回答や矛盾する回答を行うと、嘘をついたと思われることがあります。

適性検査の先の段階に進めたとしても、採用される可能性は極めて薄くなります。ありえない答えの例としては、過去に嘘をついた経験があるかという問いに対してノーと答えるといったものがあります。

現実的に考えて、真実しか口にしたことがないという人はいません。

適性検査は企業の選考過程の一番最初、就職活動の一番最初にある事が多いようです。

下手に繕うよりは心のままに答えた方がいい時もあります。

企業側は適性検査を通じて、企業の向かうところと適性が合っており、自分の会社に迎え入れてもうまくやっていけるような人物を求めています。

企業の社風、雰囲気、業界の特徴、職種の特徴をしっかり把握して、就職選考時の適性検査で自分の適性をしっかりアピール出来る様にしておくことも必要です。

適性検査を受けた会社が、総合商社だったとしましょう。

総合商社での適性検査で注目されるポイントは、海外での勤務や新たな事業を立ち上げる際に、意欲と好奇心を持って取り組めるかどうかなどです。

決まった答えがあるわけではないので正直に答えた方がいいのが適性検査の特徴ですが、それでも企業が欲しがっている人材を把握して適性検査に活かすことは就職活動では重要です。
PR

詳しい情報はこちらから→ranking

Comment (0) | Trackback (0) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback URL:

« 2018年06月 »
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カスタム検索
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
フィードメーター - 賢い就職・転職の情報ブログ

あわせて読みたいブログパーツ SEOパーツ
  • 無料SEO対策